股関節の痛み!?痛みの原因は「そこ」ではないかも!?

  • 投稿日:2018年1月31日
  • (最終更新:2018年5月12日)

※免責事項

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、この記事の内容はあくまで私見です。
万が一内容に誤りがあったとしても、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いかねますのでご了承ください。
体調に異変を感じた場合は、当ブログの情報や自己判断ではなく、医療機関を受診するようにしてください。

股関節の痛み!?痛みの原因は「そこ」ではないかも!?

\この記事は私が書きました/

股関節は、人体の中で一番大きい関節です。

頭・首・肩・上肢・胴体・骨盤などの

上半身の重みを受け止めています。

 

 

 

股関節は骨盤と繋がっていて

骨盤は脊柱(頸椎・胸椎・腰椎)と繋がっているので

体のどこかに歪みがあると

股関節にも負担をかけることになります。

 

 

 

股関節の痛みの原因は、股関節にあるのではなく

他の所にあることが多いので

痛みを改善するには全身の調整が必要なんです!

 

さらに、股関節は大きな動きをする関節で

全身の要でもあります。

そのため、股関節にはたくさんの筋肉がついています(*‘∀‘)

 

股関節に起こる症状

この股関節に起こる初期症状としては、動かすと

 

ポキッ・コツン・ゴリゴリ

 

と音がしたり、引っかかるような違和感があります。

 

痛みがないものが多いですが

これを繰り返していると骨と腱がこすれて

引っかかっている部分が炎症を起こす場合があり

痛みが起きるというわけです(; ・`д・´)

 

 

そうなると

・股関節が外れるような感覚がある

・足を動かすと、お尻や

鼠経部(そけいぶ、足の付け根)が痛い

・股関節の動きが悪くなる

・大きく動かすと痛い

・イスに深く、真っすぐ座れない

・歩いてるとだんだん痛い、激痛が走る

・寝返りを打つと痛い

などという症状があります。

 

 

股関節に痛みが出る原因は様々あり、大きく言うと

・骨盤の歪み

・股関節の骨の変形

骨の変形には先天性(生まれ持ったもの)と

後天性(生まれた後のもの)があります

 

 

股関節に症状が出ると、そこだけでなく

・膝痛

・足のむくみ

・腰痛

・肩こり

・頭痛

などの症状も引きおこる場合

もしくは症状が強くなる場合があります。

 

 

股関節の筋肉

そんな関節の土台となっている股関節は

骨、関節包、靭帯で出来ていて動きは複雑です(。-`ω-)

 

そして股関節は、22本の筋肉で支えられていて

大きな衝撃を吸収して

軟骨や骨を守る働きをしながら体重を支えて

色んな方向に動かすことができる球関節です(/・へ・)/

 

 

 

この22本の筋肉に問題がなければ

飛んだり、走ったりなどの大きな衝撃を受けたとしても

22本の筋肉が衝撃を吸収してくれるので

軟骨や骨を痛めることがありません(`・ω・´)

 

 

では22本の中でどの筋肉が

どのような働きをしているのか

簡単にご紹介していきます!

腸腰筋(3本の筋肉)

  • 腸骨筋(ちょうこつきん)
  • 大腰筋(だいようきん)
  • 小腰筋(しょうようきん)

 

 

この3つは股関節を屈伸させる働きをします。

腹腔(ふくこう)の後ろにあり

脊柱を前屈させる働きもあるので

「深腹筋」と呼ばれることもあります。

 

腸腰筋は、ハムストリングとの主な拮抗筋(きっこうきん)で運動能力と深い関りがある筋肉群です。

 

主な動作→歩くときに大腿を持ち上げて足を前に振り出す動き

 

 

内転筋群(5本の筋肉)

  • 恥骨筋(ちこつきん)
  • 短内転筋(たんないてんきん)
  • 長内転筋(ちょうないてんきん)
  • 大内転筋(だいないてんきん)
  • 薄筋(はっきん)

 

 

この5つは両足を閉じる時に使う筋肉です。

体の重心を内側に引き寄せ、動作を安定させます。

 

内転筋が硬いと→体が硬い(開脚、前屈が辛い)

内転筋が弱いと→O脚になる。座っている時、自然に膝が開いてしまう。

 

 

外転筋群(3本の筋肉)

  • 中殿筋(ちゅうでんきん)
  • 小殿筋(しょうでんきん)
  • 大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)

 

 

この3つは股関節を外転(外向きに動かす)

する時に使う筋肉です。

 

重心が外側にずれた時にその力を抑える働きや

歩いてる時など身体が横に揺れないように

支えてくれる働きをしています。

 

 

大殿筋

 

これはお尻の大きな筋肉で

力を入れると盛り上がって硬くなります。

 

屈曲(折れまがっている状態)した股関節を

元に戻す働き(伸展。のび広がっている状態)をします。

背中を伸ばす働きもあります。

 

 

 

深層外旋筋

  • 梨状筋(りじょうきん)
  • 上双子筋(じょうそうしきん)
  • 下双子筋(かそうしきん)
  • 大腿方形筋(だいたいほうけいきん)
  • 内閉鎖筋(ないへいさきん)
  • 外閉鎖筋(がいへいさきん)

 

この6つは股関節を外旋させる時に使う筋肉です。

脚を床に着いた時に、大腿骨をしっかり押し付けて

股関節の衝撃を吸収してくれます。

 

この筋肉は、股関節を脱臼を予防する働きがあります。

 

※外旋筋群に問題があると・・・?

右と左のお尻の大きさに差が出ます。

伏臥位(うつ伏せ)の時に踵に左右差が出ます。

 

 

大腿四頭筋

  • 大腿直筋(だいたいちょくきん)
  • 外側広筋(がいそくこうきん)
  • 内側広筋(ないそくこうきん)
  • 中間広筋(ちゅうかんこうきん)

 

 

この筋肉は股関節を曲げる働きと

主に膝関節を伸ばす働きがあります。

 

 

※膝に痛みがある時

股関節に炎症が起こると、痛みは大腿直筋に広がり

膝のお皿の下が痛くなります。

なので、膝の痛みを訴える方の原因は膝だけではなく

股関節からくる関連痛の場合があります。

 

反対に、股関節の痛みも膝が原因している場合があります。

原因は症状が出ている所だけではありません。

その為全身の検査が必要です(`・ω・´)ゞ

 

 

ハムストリング

  • 大腿二頭筋(だいたいにとうきん)
  • 半膜様筋(はんまくようきん)
  • 半腱様筋(はんけんようきん)

 

 

この3つの筋肉を合わせてハムストリングと言います。

ハムストリングは足の後面にあります。

 

ハムストリングが痛むと、大腿の裏側が痛みます。

この痛みは「坐骨神経痛」に似ていて

坐骨神経痛と診断される場合があります。

 

この筋肉の始点が坐骨から、終点が膝の内側と外側なので

お尻が痛くなったり

膝関節の内側や外側が痛むこともあります。

 

※この時、特に膝関節の内側が痛む時は

ハムストリングに問題があります。

 

 

 

大腿直筋もハムストリングも膝を守る働きをしてます。

股関節より上部に始点があるので

この筋肉に問題が起こると

股関節に悪影響を与えます(´・ω・`)

 

股関節の正常な状態とは

股関節を正常に動かすためには必要なことは

・腰や骨盤が正しい位置にある

・股関節が正しい動きしている

・体重を支える筋力がしっかりしている

この3点です。

 

 

筋肉を鍛える

腰や骨盤、股関節を支えて、動かしているのは筋肉です。

そして股関節を支える筋力は

自宅でも簡単に鍛えることができます。

 

足上げ運動

足を交互に、股関節を90度以上上げます。

 

この時、頭や腕は出来るだけ動かさないでください。

なので壁や棚を持って、身体が揺れないように

真っすぐ行うのがポイントです。

 

鏡を見ながら、身体が動いていないか

確認しながら行うと良いですね。

 

 

背筋を伸ばして、斜め上を見て行います。

ここで顎をしっかり上げるように意識しましょう。

足をまっすぐ上げられているかどうかも

重要になってきます(`・ω・´)

 

 

・目標回数は1日に200回です。

最初にいきなりはキツイと思うので

「1日に50回くらいから」など

出来る範囲から行ってください。

 

・この回数は1日のトータル回数なので

朝・昼・夜と分けて大丈夫です。

 

 

 

・痛みが出る場合は無理をしないでくださいね。

悪化してしまう可能性があります。

 

・疲れてくると足を「パタンっ」と下ろしてしましがちです。

そうすると、足の裏や膝、腰に負担がかかり

痛めてしまう場合があります。

足はゆっくり下ろしてください。

 

 

この運動は、腸腰筋の中の「大腰筋」を鍛える運動です。

骨盤を支えている大腰筋を鍛えることで

身体が歪みにくくなります(*^_^*)

 

身体が歪みにくくなると

痛みや歪みの再発・防止になります。

 

どこでも簡単に出来るので、とてもお勧めです(`・ω・´)ゞ

 

 

まとめ

股関節が痛い方は、股関節周りの筋肉が硬くなっているため

関節の動きが制限されて

正しい働きがしにくくなったり

痛みが出たりします(´・ω・`)

 

最初は辛いかもしれませんが

回数が少なくても毎日することで

筋肉の緊張がとれて柔らかくなり

筋力もついてくるので骨盤が安定しやすくなります(*^^*)

そうすると筋肉は緩んでいくので、毎日行うのが大事ですね。

 

 

股関節はこのように、重要な働きをたくさん行っています。

 

その為にたくさんの筋肉がついていて

その筋肉によって

働きも違えば、処置の仕方も違います。

 

なので股関節が痛い場合は

一度病院へ行ってどこがどういう風になっているのか

自分で理解してから正しい処置をすると良いですね。

 

MIYAI整体院

073-473-8106

 

グループ院

MIYAI整体院 岩出院

0736-60-4127

 

《京都》

きずな整体院

075-431-8110

 

《広島》

やさしい整体院

084-983-3878

 

この記事を読んだ人は、他にこんな記事も読んでいます

十分に睡眠をとれていないと感じたら それは不眠症です!

  • 投稿日:2018年3月14日
  • (最終更新:2018年6月12日)

女性が腰痛になりやすいワケ

  • 投稿日:2017年10月01日
  • (最終更新:2018年6月19日)

股関節をやわらかくしよう!

  • 投稿日:2018年1月31日
  • (最終更新:2018年7月27日)

膝のテーピングってどうすればいいの?

  • 投稿日:2017年12月31日
  • (最終更新:2018年6月12日)

私の膝靭帯はどこが悪いの?

  • 投稿日:2017年12月31日
  • (最終更新:2018年5月30日)

人気記事ランキング

体幹トレーニングシリーズ第2弾「顔・姿勢が変わる!」

  • 投稿日:2017年9月26日
  • (最終更新:2018年5月12日)

橈骨神経麻痺は早めの処置が必要です!

  • 投稿日:2018年12月31日
  • (最終更新:2018年12月31日)

【セルフケア】足の指が痛い強剛母趾とは?

  • 投稿日:2019年1月31日
  • (最終更新:2019年2月12日)

手首が細い理由も 太い理由も原因は内臓だった!!

  • 投稿日:2018年3月31日
  • (最終更新:2020年6月18日)

股関節が痛い!鼠径部症候群(グロインペイン症候群)とは?

  • 投稿日:2018年4月29日
  • (最終更新:2018年5月25日)