眼が開けづらい!?眼瞼痙攣とは

  • 投稿日:2018年8月23日
  • (最終更新:2018年9月3日)

※免責事項

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、この記事の内容はあくまで私見です。
万が一内容に誤りがあったとしても、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いかねますのでご了承ください。
体調に異変を感じた場合は、当ブログの情報や自己判断ではなく、医療機関を受診するようにしてください。

眼が開けづらい!?眼瞼痙攣とは

\この記事は私が書きました/

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)については、あまり聞きなれない症状だと思います。

今日はこの眼瞼痙攣(がんけんけいれん)についてお話していきます。

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)って何?

とっても簡単に言えば
自由に目を開けることが出来なくなり、瞬きの回数が増えたりする症状の事を指します。

 

片側顔面痙攣(かたがわがんめんけいれん)と
名称が似ているのですが
全く違う症状です。

 

症状の特徴

まずよく間違えられやすい片側顔面痙攣の症状から簡単に説明します。

 

・顔がゆがむ
・無意識のうちに目・顔の筋肉が勝手に動く
・最悪の場合、片目が閉じてしまう

 

以上の三点が片側顔面痙攣の症状です。
片側顔面痙攣は、顔面の筋肉が動いて痙攣します。

 

しかし、眼瞼痙攣は顔面の筋肉ではなく

・瞬きの制御異常
・開閉瞼の切り替え状態異常

によって引き起こされる症状です。
瞼の制御不能によって瞬きの回数が増えたり
自由に目を開ける事が出来なくなります。

眼瞼痙攣の症状例

・まぶしい

・目を明いているのがツライ

・目をつむっていると楽

・目が乾く

・目が自然に閉じる

・目が鬱陶しい

・目がゴロゴロする

・目が垂れる(細くなる)

・眉間にシワがよる

・目が細くなる

・手を使った瞬きしかできない時がある

 

等々…。
よく症例を見てみるとドライアイという症状にも
似ているので、自己判断で間違えがちです。

自己診断をして
「大丈夫かな」って
放置していると

どんどん眼瞼痙攣(がんけんけいれん)の症状が悪化してしまう方もいます。

自己判断ではなく、ちゃんとした専門機関での診てもらう事をお勧めいたします。

 

放置はとても危険です。

 一般的な眼瞼痙攣の改善法

実はこの眼瞼痙攣(がんけんけいれん)

現代の医学では、実は確かな原因は不明となっています。

 

原因は不明とされていますが、薬の服用や化学物質への拒絶反応など
誘因となっている場合に限っては、これらの薬物の使用を中止するケースも確認されます。

 

そしてもっとも用いられる方法としては対処療法があります。

残念ながらこれも根本的解決にまで至りませんが

症状を緩和させられる事が可能と言われています。

 

対処療法は薬の投薬や注射によって、目のつむる力を弱める方法です。

 

眼瞼痙攣という症状は

全体の約5%の方しか改善しないと言われています。

それだけ難しい症状なんです。

 

「正直結構、怖い症状ですよね。」

 

 整体師が教える3つのツボ

僕たちの整体師としての経験上

眼瞼痙攣も“軽い症状”の場合に限っては対処法によって
少しづつですが眼瞼痙攣の頻度が減って、弱まってくるケースがあります。

 

眼の周りの

“筋肉の疲労を取り除く”ことが

重要です。

 

今から目の周辺の筋肉を和らげる3つのツボについて紹介します。

 

魚腰(ギョヨウ)&球後(キュウゴ)

 

魚腰とは、白内障や乱視、老眼にも効くと言われるツボです。

 

このツボ付近には、神経が近くに来ている部分なので
強く押しすぎると、痛みます。

 

●ツボを押すときのポイント

  1. 眉毛の真ん中を優しく上方向に押します
  2. 眉毛の下にあるくぼみに指は入れないでください
  3. 30秒間深呼吸をしながら行います

 

球後とは

目の周りのリンパ&血液の流れを正常にしてくれるツボです。

目の下と頬骨の中間点に位置します。
(※少々目の下のくぼみよりです

 

目の周りのむくみやお顔のたるみの改善も期待されます。

 

●ツボを押すときのポイント

  1. 人差し指でやさしく刺激します
  2. ここは強く押しすぎると人によっては吐き気を催すの注意が必要です
  3. 30秒間深呼吸をしながら行います

 

 太陽(タイヨウ)

太陽とは

新陳代謝を促し目の周りの緊張を解いてくれるツボです。

めじりと揉み上げの間に位置します。こめかみですね。

 

●ツボを押すときのポイント

  1. こめかみのくぼみを優しく“時計回り”に押します
  2. 1分間ゆっくりと押していきます

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

いかかでしたか?

あまり今回の記事ではあまり聞きなれない

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)について

ご紹介していき、知識を深めていきました。

 

それは放っておくと危険な症状であるのと
早期発見の段階では自分で症状を和らげれる可能性が高いからです。

 

あまりにも目が開けづらい場合や
痙攣が長引く場合はお近くの専門の方に診てもらうことをお勧めします。

 

本院

《和歌山》

MIYAI整体院

073-473-8106

 

グループ院

《和歌山》

MIYAI整体院 岩出院

0736-60-4127

《京都》

きずな整体院

075-431-8110

《広島》

やさしい整体院

084-983-3878

 

 

 

この記事を読んだ人は、他にこんな記事も読んでいます

小顔になるための3つの習慣

  • 投稿日:2018年9月30日
  • (最終更新:2018年10月18日)

【必見】寝違えで苦しむ人!痛みをとるための3つの方法

  • 投稿日:2018年3月02日
  • (最終更新:2018年5月20日)

半月板損傷の意外な原因とは?

  • 投稿日:2018年6月01日
  • (最終更新:2018年6月19日)

ズキズキする頭痛、ツボ押しで楽になろう

  • 投稿日:2017年11月16日
  • (最終更新:2018年5月21日)

逆子だ!どうしよ?

  • 投稿日:2018年10月31日
  • (最終更新:2018年11月16日)

人気記事ランキング

体幹トレーニングシリーズ第2弾「顔・姿勢が変わる!」

  • 投稿日:2017年9月26日
  • (最終更新:2018年5月12日)

橈骨神経麻痺は早めの処置が必要です!

  • 投稿日:2018年12月31日
  • (最終更新:2018年12月31日)

【セルフケア】足の指が痛い強剛母趾とは?

  • 投稿日:2019年1月31日
  • (最終更新:2019年2月12日)

手首が細い理由も 太い理由も原因は内臓だった!!

  • 投稿日:2018年3月31日
  • (最終更新:2020年6月18日)

股関節が痛い!鼠径部症候群(グロインペイン症候群)とは?

  • 投稿日:2018年4月29日
  • (最終更新:2018年5月25日)