超速攻!肘からくる腕の痛みを解消しましょう!

  • 投稿日:2018年2月28日
  • (最終更新:2018年5月12日)

※免責事項

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、この記事の内容はあくまで私見です。
万が一内容に誤りがあったとしても、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いかねますのでご了承ください。
体調に異変を感じた場合は、当ブログの情報や自己判断ではなく、医療機関を受診するようにしてください。

超速攻!肘からくる腕の痛みを解消しましょう!

\この記事は私が書きました/

肘の腱鞘炎、腕の痛み、腕肘周りの重ダルさ…何とかしたいですよね( ;∀;)

 

今回の記事では

 

僕たち体を整える専門家としても

「これは使える!」と太鼓判を押す

超速攻!悩み解消ポイント、ツボについてご紹介していきます!

 

 

 

 ツボ紹介の前に・・・

肘の痛みに悩む方は

基本的に以下のような症状で悩まされることが多いです。

 

テニス肘(外側上顆炎)

肘の外側の骨が痛いと感じるときは外側上顆炎(がいそくじょうかえん)の可能性が高く、この症状はテニスをする方に多く発症されるためによくテニス肘と言われます。

 

しかしテニスをせずとも、「肘の外側が痛いよ」そんな方もおられますので、テニスはしてないから関係が無い!というわけではございません。腕の曲げ伸ばしの運動で繰り返し使用する筋肉が肘の外側にあるために炎症を起こします。

 

肘を曲げたり伸ばしたり、捻じったりする動作などで痛みが生じます。

 

野球肘(内側上顆炎)

お子さんが成長期の段階で、野球ボールなどを投げすぎたが為におこりやすい肘の痛みなので、よく野球肘と呼ばれるようになりました。

肘の外側にある骨同士がぶつかり、骨膜が剥がれたり、軟骨が剥がれたりして炎症を起こします。

 

こちらの野球肘も、一概に野球している方だけが、野球肘(内側上顆炎)になるわけではありません。ハンマーを振り下ろしたりする動作を繰り返し行われる方や、重労働で肘を繰り返し折り曲げることで炎症を起こす方もおられます。

 

 

 

腱鞘炎

腱鞘炎と聞けば一般的にはよく「事務作業などで手首を痛める」と

認識しがちですが実はそうでもありません。

 

大きく分けて三つのパターンに分けられます。

・手首の腱鞘炎

・指の腱鞘炎

・肘の腱鞘炎

以上の三つですね。

指や手首、肘などの特定の関節に対して過度な負担をかけて起こる症状です。また関節炎や怪我をしたことによって、起こる腱鞘炎もあります。

 

  • 指の腱鞘炎

お仕事などでパソコンを使い、キーボードのタイピングやマウスクリックの繰り返しを多くおこなわれる方は良く手首や、指に発症することが多いのです。

 

  • 肘の腱鞘炎

筆記作業が多い方や、腕を酷使される方などは肘の腱鞘炎が発症しやすい傾向にあります。また腱鞘炎はご自身のセルフケアを行う事によって症状の緩和が期待できます。

 

スマホ肘

 

近年ではスマホの普及が進み、長時間のスマホの使用により肘を痛める方が多くおられます。実はこのスマホ肘にも種類があます。

それが先ほど説明しました

・上腕骨外側上顆炎(テニス肘)

・上腕骨内側上顆炎(野球肘)

この二つなのですが、このように野球やテニスをしていなくてもスマホを多用することにより、スポーツ選手並みに肘に負担がかかっているのです。

 

 

 必見!肘の痛み解消法!

ここまで読んで頂き、テニス肘、野球肘、腱鞘炎の仕組みは少し分かっていただけたと思います。

 

この章では、肘の痛みに悩むあなたに、万能とも言われる“肘に効くツボ”を大きく2つに分けてご紹介いたします。ぜひ、実践してみてください!

 

小海(ショウカイ)

こちらのツボは、肘関節部分の外側にあります。

こちらの小海と言われるツボは腕の外側の知覚神経・筋肉に作用します。このツボを優しく押してあげる事によって腕の内側の筋肉が緩みます。効能としては、腕の痛み(前腕痛)、半身不随、難聴、めまいなどに聞くとされています。

 

少海(ショウカイ)

上記の小海と同じ発音のツボになりますが、全く違うポイントにツボがあるので間違えないようにして下さいね。

この少海と呼ばれるツボは、ひじ関節の内側にあります。腕の内側の痛みをやわらげて、パソコンのタイピングによる疲労なども軽減してくれます。こちらのツボも強く押しすぎる事はせず優しく、押してあげて下さいね。

 

効能としては、動悸を抑え、興奮状態を落ち着かせます。日頃から疲れがたまりやすく、ストレスを感じている方には最適なツボですね。

発症&再発予防について

肘の痛みを解消したら基本的には再発させたくないですよね?そして今ある症状をそれ以上にひどくしなくないとも考えるはずです。僕ら整体師もその考えの元に施術を行ったり、日常生活の指導を行ったりしています。

 

今からお伝えするのは、再発予防&発症予防に向けてやるべきことをお伝えしていきます。

 

適度な休憩を取りましょう

基本的に肘を痛めてしまう方は、一部分のひじ関節の筋肉に疲労を溜めやすい傾向にあります。ですからパソコンや手を使う作業の合間に1分から2分でもいいので腕を休めて軽くストレッチしてあげてください。

 

セルフケアは欠かさずに行いましょう

皆さんは、運動する直後に必ずストレッチをして体をほぐしますよね。理由は…疲れを溜めない為、痛みを起こさない為、怪我をしない為などの理由があると思います。そしてそれを怠った日には筋肉痛で夜に目が覚めたり、体が思うように動かなかったりしますよね?

 

腕や肘周りを痛める方は基本的に、一般の方に比べても腕の筋肉や肘の関節にかける負担が多いと認識して頂いた方がいいです。そのため通常、健康体の方と同じように生活していても、腕や肘にかける負担が多いあなたはどんどん肘や腕を痛めてしまいます。

 

今のツライ現状を脱却して再発も予防したいと考えているあなたは、お家に帰ったらまず先程紹介したツボのポイントを刺激して毎日ケアを欠かさず行ってください。

 

 

 

 

まとめ

実践して頂けましたか?

肘の痛みは、最初軽く考えていて「そのうち治まるだろう」と安直に考えていると、地味に痛みが残り続け大きな悩みの種に発展していきます。

今回お伝えした解消法を実践してもなお「肘が痛い」と感じられている場合は必ず整形外科や病院などの専門機関の診察を受けてください。

 

しかし、病院に行ったもののシップや痛み止めの処方だけで特に原因も特定することができずに帰されてしまうなんて話も良く聞きます。

肘の痛みは日々の疲れの蓄積です。疲労の蓄積をさせないようにご自身でのケアを怠らないようにすることが重要になります。

肘にかかる負担を少しでも下げれるようにする事と今回お伝えさせて頂いた解消法を、毎日おこない肘にたまった疲労をしっかり取り除いていきましょう!

 

 

 

MIYAI整体院

073-473-8106

 

グループ院

MIYAI整体院 岩出院

0736-60-4127

 

《京都》

きずな整体院

075-431-8110

 

《広島》

やさしい整体院

084-983-3878

この記事を読んだ人は、他にこんな記事も読んでいます

橈骨神経麻痺は早めの処置が必要です!

  • 投稿日:2018年12月31日
  • (最終更新:2018年12月31日)

足裏の痛みの謎 ~モートン病~

  • 投稿日:2018年7月29日
  • (最終更新:2018年8月6日)

野球で肩が痛いときに絶対にやるべきこと

  • 投稿日:2018年3月23日
  • (最終更新:2018年5月20日)

手首をひねった時の豆知識!

  • 投稿日:2018年3月27日
  • (最終更新:2018年7月27日)

【必見】寝違えで苦しむ人!痛みをとるための3つの方法

  • 投稿日:2018年3月02日
  • (最終更新:2018年5月20日)

人気記事ランキング

体幹トレーニングシリーズ第2弾「顔・姿勢が変わる!」

  • 投稿日:2017年9月26日
  • (最終更新:2018年5月12日)

橈骨神経麻痺は早めの処置が必要です!

  • 投稿日:2018年12月31日
  • (最終更新:2018年12月31日)

【セルフケア】足の指が痛い強剛母趾とは?

  • 投稿日:2019年1月31日
  • (最終更新:2019年2月12日)

手首が細い理由も 太い理由も原因は内臓だった!!

  • 投稿日:2018年3月31日
  • (最終更新:2020年6月18日)

股関節が痛い!鼠径部症候群(グロインペイン症候群)とは?

  • 投稿日:2018年4月29日
  • (最終更新:2018年5月25日)