これって肘の骨折?

  • 投稿日:2018年3月01日
  • (最終更新:2018年5月15日)

※免責事項

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、この記事の内容はあくまで私見です。
万が一内容に誤りがあったとしても、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いかねますのでご了承ください。
体調に異変を感じた場合は、当ブログの情報や自己判断ではなく、医療機関を受診するようにしてください。

これって肘の骨折?

\この記事は私が書きました/

肘を骨折したかも!?

でも、そんなの普通は、判断できないですよね。

なんか、肘の周辺がずっと痛い。

 

この時のポイントは、ずっと肘の痛みが変わらず、痛いとうことに問題があります。

そんな時、まずは、整形外科に行くのをおすすめします。

 

しかし、ここで、1つ分かってほしいことがあります。

完全に骨折しているのであれば、レントゲンやMRIではっきりわかるのですが、

 

折れているかも・・・

この時が、一番判断しづらいのです。

 

なぜか?

それは、骨が折れた時に出る。『骨折線』というものです。

 

この骨折線は、完全に折れている場合は、下の図のようにはっきり分かります。

 

 

ですが、もしかしたら

折れている?ヒビが入っている?

 

こんな時は、小さな骨折の場合は、

骨折してすぐに、この『骨折線』というものが出る事は少ないので

レントゲンを撮っても骨折とは、判断できないこともあります。

 

そんな時は、この様なシーンがよくあります。

肘を強打して痛いからすぐに病院に行った。

しかし、骨折では、なかった。

数日後、まだ痛みが引かない、むしろ痛くなってきた。

違う病院に行ってみよう。

結果・・・骨折ですね。

あれ?

前の病院では、骨折ではなかったのに。

あそこの病院は、ヤブ医者だ!

 

そんな判断をされる方は多いようです。

 

 

確かに、初めの病院では、骨折と判断していなかったですが、これは、間違いでもないんです。

 

ここまで、読んでくれているので、なぜかわかりますよね?

 

そうなんです。

初めに病院にいったときには、

まだ、骨折線が出ていなかったのです。

 

なので、決して、初めの病院は間違えたというわけではないので、ご安心ください。

 

そんな、時に役立つのが、

どんな風にして肘を痛めたのか?

これを受傷機転と言います。

 

この受傷機転がはっきりしていいれば、ある程度、骨折しているかも?

と判断できるかもしれないので、ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

上腕骨顆上骨折

肘周辺の骨折で一番多い骨折です。

子供の場合は5割~8割がこのタイプの骨折のようです。

鉄棒やすべり台などからの転落で起こり、強い痛みや顔面蒼白などの症状があります。

 

上腕骨外顆骨折

上腕骨顆上骨折と同じぐらいの頻度で遭遇する骨折です。

この骨折は、転倒などにより手を突いた時に骨折します。

関節内の骨折であり成長軟骨を損傷する骨折であるので、わずかなズレも許容されない慎重な施術が必要となることがあります。

 

上腕骨内上顆骨折

運動中などで肘関節が外反(外側に反る状態)を強制されたときに、

内側上顆に付着する内側側副靱帯や前腕屈筋群の牽引により剥離されるように起こります。

肘関節の脱臼を起こした時に、大人では靭帯が切れてしまいますが、子どもの場合はこの部分が骨折してしまうことが多いです。

 

橈骨頭骨折・橈骨頚部骨折

転倒して肘を伸ばした状態で手をついた時に、肘が外側に曲がる外反力が肘まで伝わって発生します。

子供の場合は、ほとんどが頚部で骨折し橈骨頭の骨折は少ないです。

8~9歳までの子の骨折が多いようです。

 

尺骨肘頭骨折

肘頭骨折は、転んで肘をぶつけた、転んだ時に手をついたなどの原因で骨折すると言われています。

これは「モンテジア骨折」という橈骨頭の脱臼を伴うことがあり注意が必要です。

不全骨折と間違われることがあります。

 

橈骨頭脱臼骨折 (モンテジア骨折)

転倒あるいは高所からの転落で、肘関節伸展位で手をついた際に、軸圧力が肘関節への外反ストレスに変わり、上腕骨小頭と橈骨頭が衝突して生じる骨折である。

尺骨の骨幹部で骨折した時に多く見られ、肘のレントゲンも撮らないと脱臼が見つからないこともあります。

子供の場合は、肘頭骨折に伴って発生することがあります。

 

まとめ

この様に、肘だけでも、たくさんの種類があります。

受傷機転で多いのが転んだ時に、肘が伸びたまま、手を地面についてしまった時が多いようですね。

そのあと、肘が異常に腫れてきたり、形がなんかいつもと違う?

と感じた時には、そのまま放置せず、すぐに整形外科を受診してみましょう。

 

そのままにしていおて自然にくっつくものもあるかもしれませんが、

以前のようなまっすぐした肘ではなく、曲がった変形のある肘になってしまう恐れもあるので、

迷わず、受診することをおすすめします。

 

MIYAI整体院 岩出院

0736-60-4127

 

グループ院

《和歌山》

MIYAI整体院

073-473-8106

 

《京都》

きずな整体院

075-431-8110

 

《広島》

やさしい整体院

084-983-3878

この記事を読んだ人は、他にこんな記事も読んでいます

手の気になるしこり ガングリオンかもしれません!

  • 投稿日:2018年12月21日
  • (最終更新:2019年1月21日)

意外と怖いむちうちの症状とその対処法

  • 投稿日:2018年10月26日
  • (最終更新:2018年11月8日)

腰痛 解消法 知りたい人必見

  • 投稿日:2017年10月07日
  • (最終更新:2018年5月15日)

腰痛の原因、すべり症ってご存知ですか?

  • 投稿日:2018年10月19日
  • (最終更新:2018年11月2日)

リウマチ性股関節炎ってなんですか⁉

  • 投稿日:2018年4月29日
  • (最終更新:2018年12月27日)

人気記事ランキング

体幹トレーニングシリーズ第2弾「顔・姿勢が変わる!」

  • 投稿日:2017年9月26日
  • (最終更新:2018年5月12日)

橈骨神経麻痺は早めの処置が必要です!

  • 投稿日:2018年12月31日
  • (最終更新:2018年12月31日)

手首が細い理由も 太い理由も原因は内臓だった!!

  • 投稿日:2018年3月31日
  • (最終更新:2020年6月18日)

【セルフケア】足の指が痛い強剛母趾とは?

  • 投稿日:2019年1月31日
  • (最終更新:2019年2月12日)

股関節が痛い!鼠径部症候群(グロインペイン症候群)とは?

  • 投稿日:2018年4月29日
  • (最終更新:2018年5月25日)