【必見】肘の痛みがとれないあなた!テニス肘の根本原因

  • 投稿日:2018年4月28日
  • (最終更新:2018年5月11日)

※免責事項

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、この記事の内容はあくまで私見です。
万が一内容に誤りがあったとしても、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いかねますのでご了承ください。
体調に異変を感じた場合は、当ブログの情報や自己判断ではなく、医療機関を受診するようにしてください。

【必見】肘の痛みがとれないあなた!テニス肘の根本原因

\この記事は私が書きました/

 

突然ですが、あなたはこんな痛みに悩まされていませんか?

 

  • 何かを持ち上げたり、タオルをしぼったりすると肘が痛む
  • 肘の外側を押すと痛みがある
  • 一度痛みが治まっても、何度も肘の痛みが再発している

 

もしこのような痛みが出ている場合「テニス肘」になっているかもしれません。

 

テニス肘とは、手首を伸ばす筋肉の短橈側手根伸筋(たんとうそくしゅこんしんきん)に過度の負担がかかり、骨と筋肉がくっついている部分に炎症が起きることによって引き起こされる症状です。

テニスをしていない人でも、テニス肘になってしまうことがあります。

また、痛みがなかなか治まらないことで、日常の動作にも影響をおよぼす可能性もあるのです・・・。

 

この記事では、テニス肘を根本から改善する方法や、予防のために取り組むべきことをお伝えします。

あなたもこの記事で紹介することに取り組んで、痛みから解放される毎日を手に入れましょう^^

 

それではまいります!

 

テニスをしていなくても発症する!?

さて、あなたは「テニス肘」という言葉を聞くと、テニスプレーヤーがかかってしまう症状のことだと思いませんか?

テニスの画像を使っていますが、テニス肘は、正式には上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)といい、テニスを全くしたことのない人でも発症しうる症状なのです。

この章では、テニス肘になじみのない方に向けて、基本的なことをご紹介いたします!

 

  • テニス肘の症状
  • テニス肘の原因
  • 手首を伸ばす筋肉に負担がかかっていること
  • 痛みが出ている時の対処法

 

まずはこの章を読んで、テニス肘について知ってくださいね・・・!

 

テニス肘の症状

テニス肘とは、肘関節の外側である上腕骨外側上顆(じょうわんこつがいそくじょうか)に筋肉がくっついている部分が炎症を起こし、痛みが生じる症状のことです。

上腕骨外側上顆は、肘関節の外側のでっぱりの部分を指していて、このあたりに痛みを感じている時は、テニス肘になっている可能性があります。

 

また、テニス肘になると、以下のようなことを行う際に肘に痛みを感じます。

 

・テニスラケットを振る

・物を持ち上げる動作

・タオルや雑巾をしぼる動作

・掃除機をかけるなど、腕に力を入れる動作をするとき

 

日常のちょっとした動作でも痛みが出てしまうのはつらいですよね・・・。

では、どうしてこのような痛みが出てしまうのでしょうか?

 

テニス肘の原因は手首を伸ばす筋肉に負担がかかっていること

テニスラケットを振ったり、重い荷物を持ち上げたりするなどの動作を繰り返すと、手首を伸ばす役割のある短橈側手根伸筋(たんとうそくしゅこんしんきん)に負担がかかります。

この短橈側手根伸筋は、他の筋肉と比べるととても薄い腱で上腕骨外側上顆にくっついています。

そのため、この短橈側手根伸筋に過度の負担がかかると痛みが生じやすくなっているのです。

 

それでは、痛みが出てしまった時はどのように対処すればいいのでしょうか・・・?

 

痛みが出ている時の対処法

 

肘に痛みが出ている時に、自分でもできる痛みを取り除く方法を5つご紹介します。

〈ストレッチ〉

①腕を前にあげ、肩のラインで伸ばします。

②指を逆の手で持ち、手の甲側に折り曲げ、ゆっくりと伸ばしていきます。

③30~60秒間じっくりと痛みの出ない程度に伸ばします。

④反対の腕も同様にストレッチします。

 

〈筋力トレーニング〉

リストカール:手首を屈曲させるだけの簡単トレーニングです!

簡単なのに意外と種類が豊富で、初心者から上級者まで幅広く行える種目です。

今回は一番ベーシックなものを紹介しますね^^

1.手のひらを上に向けた状態で、前腕を台の上に固定する

・手首が外側に出ていて、ダンベルの重みで手首が反っている

これがスタートポジションです

2.手首を丸めるようにカールする

・前腕は動かないように固定しておきましょう

 

*15回×3セットを目標に頑張ってみてください!

※痛みが激しい時には行わないこと

 

〈患部を冷やす〉

痛みが出てから早い時期は、患部が熱っぽいことがあるため、冷やすと良いです。

 

〈温める〉

痛みが数か月に及ぶ時期には、身体を温めて血流をあげることで症状が和らぐことがあります。

シャワーだけで済ませるのではなく、しっかり湯船に浸かり体を温めましょう!

 

〈病院へ行く〉

症状がひどい場合は、病院をを受診しましょう。

病院では、症状の程度に合わせて主に以下のようなことが受けられます。

 

①非ステロイド系消炎鎮痛薬の処方

②ステロイド局所注射

③手術

 

 

しかし、これらの痛みを取り除く方法は、あくまでも一時的なもので、根本からテニス肘を改善しているのではありません。

それでは、根本からテニス肘を改善にはどうすればいいのでしょうか。

筋肉の柔軟性を取り戻そう

ここまでは、テニス肘の原因や痛みを取り除く方法をご紹介しました。

しかし、ご紹介したものは、あくまでも一時的な対処法で、テニス肘を根本的に改善させる方法ではありません。

テニス肘を完全に改善させるには、根本の原因となっている筋肉の柔軟性を取り戻すことが大切なのです。

では、なぜ筋肉の柔軟性がテニス肘の改善につながるのでしょうか・・・?

 

  • 筋肉の緊張がテニス肘を引き起こしている
  • 筋肉の柔軟性がテニス肘改善に役立つ理由
  • 筋肉の柔軟性を取り戻すために整体院で施術をうける

 

この章を読めば、今まで悩まされていた長期にわたる痛みから解放される理由がわかるでしょう・・・!

 

 

筋肉の緊張がテニス肘を引き起こしている

筋肉を正しく使わないと、一部の筋肉が緊張してしまい、硬くなってしまうことで、動きに制限がかかり、余計な負担がかかってしまいます。

また、筋肉に柔軟性があれば、負担も吸収されますが、ガチガチに固まった筋肉では負担もそのままかかってしまいます。

この筋肉の緊張からくる負担が、短橈側手根伸筋と上腕骨外側上顆のくっついている部分にかかるとテニス肘になってしまうのです。

 

同じようにテニスをしたり、重いものを持ったりしている人がいるのに、テニス肘になる人とならない人がいるのは、この筋肉の柔軟性により、負担のかかり方が異なるからです。

 

筋肉の柔軟性がテニス肘改善に役立つ理由

筋肉の柔軟性が取り戻されると、筋肉が硬くなることで制限されていた動きや癖が修正され、正しい身体の動かし方ができるようになります。

また、筋肉の柔軟性により、負担も吸収されやすくなるため、ラケットを振る動作などをしても、痛みが生じにくくなるのです。

 

筋肉の柔軟性を取り戻すために整体院で施術をうける

テニス肘を完全に改善させるには、整体院や整骨院で筋肉の緊張を和らげる施術を受け、筋肉の柔軟性を取り戻すことが効果的です。

肘だけではなく、手首や腕、胸や肩、背中など患部周辺の筋肉もゆるめることで、筋肉の柔軟性を取り戻し、正しい身体の動かし方をすることができます。

整体院での施術を受けたら、正しい身体の使い方も覚えるようにしましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

肘は日常生活でもよく使う身体の部位ですので、痛みはなるべく早く取り除きたいですよね。

今回ご紹介したテニス肘の改善方法で、筋肉の柔軟性を取り戻して、痛みのない日々を送れるようにしましょうね!

また、痛みを鎮めることができたら、筋力強化や柔軟性向上にも取り組んで、テニス肘にならない身体づくりをしてくださいね!

 

テニス肘かな?と思ったらご相談ください。

 

 

きずな整体院

075-431-8110

 

 

グループ院

《和歌山》

MIYAI整体院

073-473-8106

 

MIYAI整体院 岩出院

0736-60-4127

 

《広島》

やさしい整体院

084-983-3878

この記事を読んだ人は、他にこんな記事も読んでいます

これで分かる!変形性股関節症のしくみ

  • 投稿日:2018年4月30日
  • (最終更新:2018年5月12日)

うつ病とは?自分で出来る対処方は?

  • 投稿日:2018年8月29日
  • (最終更新:2018年12月27日)

体幹トレーニングシリーズ第2弾「顔・姿勢が変わる!」

  • 投稿日:2017年9月26日
  • (最終更新:2018年5月12日)

ズキズキする頭痛、ツボ押しで楽になろう

  • 投稿日:2017年11月16日
  • (最終更新:2018年5月21日)

膝のストレッチってどんなの?

  • 投稿日:2017年12月31日
  • (最終更新:2018年5月15日)

人気記事ランキング

体幹トレーニングシリーズ第2弾「顔・姿勢が変わる!」

  • 投稿日:2017年9月26日
  • (最終更新:2018年5月12日)

橈骨神経麻痺は早めの処置が必要です!

  • 投稿日:2018年12月31日
  • (最終更新:2018年12月31日)

【セルフケア】足の指が痛い強剛母趾とは?

  • 投稿日:2019年1月31日
  • (最終更新:2019年2月12日)

手首が細い理由も 太い理由も原因は内臓だった!!

  • 投稿日:2018年3月31日
  • (最終更新:2020年6月18日)

股関節が痛い!鼠径部症候群(グロインペイン症候群)とは?

  • 投稿日:2018年4月29日
  • (最終更新:2018年5月25日)