発育性股関節形成不全の正しい知識を知ってね

  • 投稿日:2018年4月30日
  • (最終更新:2018年5月12日)

※免責事項

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、この記事の内容はあくまで私見です。
万が一内容に誤りがあったとしても、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いかねますのでご了承ください。
体調に異変を感じた場合は、当ブログの情報や自己判断ではなく、医療機関を受診するようにしてください。

発育性股関節形成不全の正しい知識を知ってね

\この記事は私が書きました/

発育性股関節形成不全って聞いた事ありますか?

股関節が生まれた時、すでに脱臼している

または、お母さんのお腹の中にいる時の体勢異常によって股関節の形の異常などが伴う

亜脱臼状態や生後の生活の問題の繰り返しによって脱臼する状態にある症状の総称です。

以前は、先天性股関節脱臼とも言われていました。

しかし、最近では、生まれつきとは限らないため、

発育性股関節形成不全と言われるようになりました。

どんな子に多いの?

新生児1000人に1人に割合で

男女比率は、1:9で、女の子に多いといわれています。

発生率は、2%と言われていましたが、

 

今では、その1/10に減少してきているようです。

原因は、生まれる前に逆子の子に見られる場合があるが、

今のところはっきりはしていないのが現状で、

また、オムツの付け方や抱っこの仕方にも関係しているようです。

どんな症状があるの?

乳幼児の時に症状がでることは、少ないです。

歩きだすようになってから、腰や体を曲げるようなクネクネした変な歩き方をする時は、

一度、病院で検査してもらった方がいいですね。

また、脱臼ほど重症ではなくても、

関節のはまりが浅い時に股関節に痛みが出ることがあるので、注意してあげてください。

放置してしまうと、変形性股関節症という股関節の代表的な疾患になってしまいます。

どうやって判断したらいいの?

太ももやお尻のしわが左右非対称や開排制限があったり、

足の長さに左右差があったりすることが診断の参考になので、1度みてあげてください。

また、脱臼していると股関節を動かした時にポキポキと音が鳴ることがあります。

音がすれば脱臼しているとは言い切れませんが、

可能性はありますので、チェックしてみると良いでしょう。

 

それでも、心配であれば、病院に行き、

レントゲンと取ってもらうのが確実でしょう。

成人になれば、レントゲンで容易に判断できるようになります。

もし、発育性股関節形成不全だったら、どんなことをして治すの?

まずは、専用の装具を付けて生活をすることになります。

リーメンビューゲルと呼ばれるひも型の装具療法が行われています。

もしこの装具で整復が得られない場合や子供が大きくなりすぎて、

この装具療法がうまくつけられない場合には、

多くオーバーヘッド・トラクションといわれる入院牽引療法が行われます。

脱臼整復はリーメンビューゲルで80%前後、

残りの20%のうちそのまた80%が入院牽引療法で整復されます。

残りの5%前後が手術を要することになります。

 

生活の中では、

オムツの正しい付け方

赤ちゃんの脚は両膝(ひざ)と股関節が十分曲がります。

外側に開いた状態で、自由に脚を動かせるような状態がいいですね。

両脚が伸ばされたり、動きが制限されたりするようなきついオムツや洋服

は避けるようにしましょう。

抱っこの仕方を変えていくことも必要です。

赤ちゃんを抱くときは正面から脚が開排位となるようにしましょう。

抱っこひもで脚が開排位に保てるものであれば問題ありませんが、

スリング(1枚の布を使った赤ちゃん用の抱っこひもの)で横抱きにすると、

両脚が伸ばされた状態になるのであまりお勧めでは、ないです。

向き癖のある子にも注意が必要です

向き癖がある場合は、

向いている側の反対側の脚が内側に倒れた状態になるため

徐々に脱臼してくることがあるといわれています。

「向き癖がある方向とは反対側から話しかける」

「向き癖の側の頭や体のしたにタオルなどを入れて持ち上げる」

といった方法で向き癖を改善し、脚が外に開くようにしましょう。

まとめ

脱臼のしやすさには赤ちゃんの体質なども関係します。

ただ、日常生活を送る上で股関節に負担をかけないように気をつけていけば、

ある程度は脱臼を防げるともいわれています。

 

一度、股関節脱臼になってしまうと、

改善するまで少なくとも数ヶ月かかってしまいます。

まずは脱臼しないよう気をつけてあげましょう。

 

MIYAI整体院 岩出院

0736-60-4127

 

グループ院

《和歌山》

MIYAI整体院

073-473-8106

 

《京都》

きずな整体院

075-431-8110

 

《広島》

やさしい整体院

084-983-3878

この記事を読んだ人は、他にこんな記事も読んでいます

【セルフケア】足の指が痛い強剛母趾とは?

  • 投稿日:2019年1月31日
  • (最終更新:2019年2月12日)

有痛性外脛骨ってなに?

  • 投稿日:2018年6月30日
  • (最終更新:2018年7月9日)

女性なら誰もが通る道 更年期に起こる症状とは?

  • 投稿日:2018年10月26日
  • (最終更新:2018年12月27日)

腰痛 解消法 知りたい人必見

  • 投稿日:2017年10月07日
  • (最終更新:2018年5月15日)

なぜ膝が痛くなるの?

  • 投稿日:2017年12月31日
  • (最終更新:2018年8月4日)

人気記事ランキング

体幹トレーニングシリーズ第2弾「顔・姿勢が変わる!」

  • 投稿日:2017年9月26日
  • (最終更新:2018年5月12日)

橈骨神経麻痺は早めの処置が必要です!

  • 投稿日:2018年12月31日
  • (最終更新:2018年12月31日)

【セルフケア】足の指が痛い強剛母趾とは?

  • 投稿日:2019年1月31日
  • (最終更新:2019年2月12日)

手首が細い理由も 太い理由も原因は内臓だった!!

  • 投稿日:2018年3月31日
  • (最終更新:2020年6月18日)

股関節が痛い!鼠径部症候群(グロインペイン症候群)とは?

  • 投稿日:2018年4月29日
  • (最終更新:2018年5月25日)