足裏の痛みの謎 ~モートン病~

  • 投稿日:2018年7月29日
  • (最終更新:2018年8月6日)

※免責事項

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、この記事の内容はあくまで私見です。
万が一内容に誤りがあったとしても、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いかねますのでご了承ください。
体調に異変を感じた場合は、当ブログの情報や自己判断ではなく、医療機関を受診するようにしてください。

足裏の痛みの謎 ~モートン病~

\この記事は私が書きました/

「モートン病」という名前は聞いたことはありませんか?

 

足指の付け根がピリピリする・・・

歩いているとなんだか足が痛い・・・

足裏がシビレているような気がする・・・

 

 

 

もし、あなたにこんな症状があって

 

生活を楽しめていないなら

 

ぜひこの記事に目を通してください。

 

 

モートン病とは?

足先にかけて通る神経の一部に

靭帯のトンネルのような部分があります。

 

そこが何らかのストレスを受けて、神経が圧迫されると

神経腫といって、こぶのようなものが出来ます。

するとオレンジ部分に、痛みやシビレを引きおこします。

 

神経組織で起こっている事なので

レントゲンをとっても異常がなく

CTやMRIでなければ判断しにくいことが多いです。

 

 

この病気は、1876年に「トーマス・G・モートン」という人が

発見したので、この症状名となっています。

※画像はイメージです

 

発見されてから140年くらい経っていますが

実は、どうしてモートン病になってしまうのか

理由はまだよく分かっていないそうです。

 

ですが、共通して考えられることは分かっています。

 

 

モートン病になる人の共通点

モートン病になりやすい方の共通点があります。

 

①ハイヒールのなど足先の横幅が狭い靴をよく履く

②足裏の人差し指、中指、薬指の付け根にたこが出来ている

③土踏まずがない

④足のアーチが崩れている

⑤すり減った靴を履いている

 

この中のどれか1つでも当てはまる方は

この先モートン病になる危険性があります。

 

モートン病になってしまう確率は、女性の方が多いですが

実は男性にも起こります。

 

 

 

モートン病になる原因

考えられる原因は、大きく分けて3つあります。

 

①足に問題がある

②足に負担がかかる靴

③悪い日常生活

 

①足に問題がある

足に問題を抱えている方のほとんどが

「足のアーチ」が崩れています。

 

足のアーチは

踵・親指・小指の三点を結ぶ構造になっています。

 

さらに

「内側アーチ」「外側アーチ」「横アーチ」の3つがあります。

 

 

このアーチは

「衝撃を吸収して、足にかかる負担を軽減する働き」と

「吸収した衝撃を推進力に変換する働き」

という役割をしています。

 

足のアーチが崩れると、役割が上手く果たせなくなり

足裏に負担がかかります。

 

 

しかも足の病気だけでなく

膝や股関節、腰まで悪影響が出る可能性があるので

足のアーチはとても大事です。

 

 

●開帳足

「横アーチ」が機能しなくなった足のことを

「開帳足」といいます。

 

 

開帳足は足の幅が広がるので、衝撃を吸収しにくくなります。

この状態のまま運動を続けると、負担がかかりやすいので

モートン病になる危険が高まります。

 

さらに開帳足の足裏には、圧力・摩擦・衝撃がかかりやすいので

たこ(皮膚の角質層がものすごく厚くなった状態のこと)

が出来やすいのが特徴です。

 

 

②足に負担がかかる靴

「足先の横幅が狭い靴やヒールの高い靴」

「足先で体重を支えるような形の靴」

などは、モートン病になる原因です。

 

 

 

 

「長年同じ靴を履き続けて、すり減った靴」

を履いているのも危険です。

 

そのまま歩き続けると、靴裏が不安定なので

足の骨が歪みやすかったり

歩き方にも悪影響が出てしまいます。

 

 

③悪い日常生活

ここでの悪い日常生活とは、生活シーンや運動シーンの中の

「急に足に負担がかかる」ことをさします。

 

例を挙げると

・健康やダイエットの為に、長距離を歩くようにした

・健康診断で運動不足と言われ、ランニングを始めた

・ハイヒールを履く機会が増えた

など様々なシーンで、急に足に負担がかかることがあります。

 

 

それまでは痛みの症状は出ていなかったのに

急に症状が出てきたのなら、症状の発症前に行った

「足にかかる急な負担」が原因です。

 

 

モートン病になると?

「指と指の間が痛い」

足の指の骨の間に神経のこぶのようなものが出来ます。

歩くことでそれがさらに圧迫されて

痛みやシビレが出てきます。

場所は主に中指と薬指の間で起こります。

 

 

靴を履いていなくて

足の裏に圧力がかかっていない時は痛くありません。

ですが歩いていると、だんだん痛みやシビレが出てきます。

 

足の裏が痛い場合、しばらく足の裏に負担をかけないで

安静にしていると、痛みがひいてくる症状もあります。

ですがモートン病の場合は、痛みが継続的に続くのが特徴です。

 

 

自分で出来ること

「モートン病にならないように」

「モートン病になっても」

自分で気を付けられることがあります。

 

・足幅に対して、細すぎない靴を選ぶ

・ヒールの高い靴は控える

・急に足に負担をかけない

 

足に負担をかけないために

インソールを使うことも効果的です。

 

 

インソールには

「足の構造を守る」

「重心を誘導する」

という目的があります。

 

専門的な知識があるところで

自分の足にあったものを合わせてもらうのが良いですね。

 

 

セルフケア

開帳足の方へ

足のアーチが崩れないように強くするために

足裏の筋肉を鍛えると、モートン病の改善に有効的です。

 

「タオルギャザー」

 

 

①イスに座り、足元に長方形のタオルを広げます。

 

②踵をしっかり床につけて

足先は少し内股のような感じで、内向きにして乗せます

 

③足指全体をぐーぱーして、タオルをたぐり寄せます

 

踵は床から浮かさず、指でタオルを掴むように

曲げて行うことで足裏の筋肉を強くします。

 

 

無理をしないことです。

 

足の指をしっかりと使うために

足首は上下に動かさないようにします。

 

 

タオルギャザーは裸足で行います。

 

足首は直角ではなく、すこし伸ばしたように置きます。

この形で行うと、足裏の筋肉を鍛えやすくなります。

 

基本、10回を3セットすると良いですが

足が少し疲れたな、と思うくらいやるのがベストです。

無理しない程度に徐々に回数を増やしていきましょう。

 

足の指を上手く動かせない場合も

出来るだけ注意点とポイントを押さえながら行ってください。

筋肉はつくので、少しずつ出来るようになります。

 

 

まとめ

 

モートン病になる3つの原因をしっかり改善すれば

痛みの出る可能性が減ります。

 

セルフケアとしてご紹介したタオルギャザーは

足のアーチを強くしてくれるので

負担が減り、痛みの改善にも繋がるのでぜひやってみてください。

 

それでも痛みが減らない場合は当院にお勧めします。

足の痛みで楽しむことを諦めてしまっている

あなたのお力に、私たちはなれます。

 

きちんと今の状態を知り、適切な対処をして

これからを楽しみましょう。

 

 

 

本院

《和歌山》

MIYAI整体院

073-473-8106

 

グループ院

《和歌山》

MIYAI整体院 岩出院

0736-60-4127

 

《京都》

きずな整体院

075-431-8110

 

《広島》

やさしい整体院

084-983-3878

この記事を読んだ人は、他にこんな記事も読んでいます

【自分で出来るテーピング】ばね指・腱鞘炎を自分で改善させる!

  • 投稿日:2018年7月30日
  • (最終更新:2018年8月8日)

アキレス腱炎が改善しにくい意外な理由とは?

  • 投稿日:2018年6月28日
  • (最終更新:2018年7月9日)

椅子に座ると腰が痛い!3つの原因と対処法

  • 投稿日:2017年9月29日
  • (最終更新:2018年5月11日)

ストレスと頭痛の関連性「自律神経整体とは」

  • 投稿日:2017年12月01日
  • (最終更新:2018年6月14日)

発育性股関節形成不全の正しい知識を知ってね

  • 投稿日:2018年4月30日
  • (最終更新:2018年5月12日)

人気記事ランキング

体幹トレーニングシリーズ第2弾「顔・姿勢が変わる!」

  • 投稿日:2017年9月26日
  • (最終更新:2018年5月12日)

橈骨神経麻痺は早めの処置が必要です!

  • 投稿日:2018年12月31日
  • (最終更新:2018年12月31日)

【セルフケア】足の指が痛い強剛母趾とは?

  • 投稿日:2019年1月31日
  • (最終更新:2019年2月12日)

手首が細い理由も 太い理由も原因は内臓だった!!

  • 投稿日:2018年3月31日
  • (最終更新:2020年6月18日)

股関節が痛い!鼠径部症候群(グロインペイン症候群)とは?

  • 投稿日:2018年4月29日
  • (最終更新:2018年5月25日)