頚椎症って何?

  • 投稿日:2018年10月31日
  • (最終更新:2018年11月10日)

※免責事項

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、この記事の内容はあくまで私見です。
万が一内容に誤りがあったとしても、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いかねますのでご了承ください。
体調に異変を感じた場合は、当ブログの情報や自己判断ではなく、医療機関を受診するようにしてください。

頚椎症って何?

\この記事は私が書きました/

 

 

皆さん頚椎症と呼ばれる症状をご存知でしょうか?

首に起こる疾患なのですが、首だけではなく肩や腕にまで痛み・しびれが出る症状です。

症状が見つかった場合、早めに対策をしないと手足のマヒにまでつながる可能性があります。

今回は放置すると怖い、頚椎症についてお話していきます!

 

頚椎症とは

 

 

頚椎症は、首の骨の頸椎と呼ばれる骨に起きる症状です。

首は、頚椎と呼ばれる7つの骨により構成されています。

頚椎の加齢による椎間板の変性(老化)や靭帯が厚く硬くなることなどにより、頚部の痛みなどの症状が発現したものを総称して、頚椎症と呼んでいます。

神経根や脊髄が圧迫され、首や肩甲骨付近の痛みや、首肩から腕や手にかけて痛みやしびれを生じることもあります。

 

原因

 

首の痛みやしびれが起きてしまう頚椎症の原因をお伝えしていきますね!

頚椎にはクッションの役目をしている椎間板というものがあります。

その椎間板は20歳を過ぎたころから、年齢とともに水分が失われて弾力性がなくなり、ひびが入ったり、徐々に潰れたりするなどの変性(老化)が始まるといわれています。

椎間板の変性は誰にでも生じますが、脊柱管や椎間孔が狭くなり、脊髄や神経根が圧迫されると症状がでます。

 

分類

 

頚椎症には障害される部分によって『頚椎症性脊髄症』、『頚椎症性神経根症』と呼び方や症状が変わります。

まずは頚椎症性脊髄症について紹介していきますね!

 

頚椎症性脊髄症

 

加齢により椎間板の変性が進み、骨がとげ状に大きくなって骨棘を形成することや、靭帯が厚く硬くなること

で、脊柱管にある脊髄が圧迫され、四肢に痛みやしびれ、運動障害を生じる疾患です。

症状としては

・首の痛み

・痺れ感、感覚異常

・手足の知覚障害

・巧緻障害

・歩行障害

・膀胱直腸障害

などがあります。

転倒など軽度の外傷で四肢麻痺になる恐れがあるので十分注意してください。

 

頚椎症性神経根症

 

頚椎の変性(椎間板ヘルニア、骨棘形成など)により、椎間孔の狭窄が生じ、神経根が圧迫され、主に片側に痛

みやしびれが生じる疾患です。

症状としては

・首の痛み

・痺れ感、感覚異常

・手の感覚異常

などがあります。

 

予防・改善

 

どちらの症状も首に負担をかけないことが重要になってきます。

首に負担をかけないようにするためには正しい姿勢で生活する必要があります!

 

気を付ける点

・首を過度に前後させたり、回したりしない

・うつぶせの状態で寝ない

・長時間首を曲げた状態で机に向かわない

・背中を丸めた状態で首に負担がかかる姿勢をしない

・首を反る姿勢をしない

などのことに気を付けてください。

 

さらに首の負担を減らすためには

座っている姿勢や、歩き方を変えていく必要があります。

まずは座り方について説明してきますね!

座り方

1.膝裏がイスにあたるように深く座ります。

2.筋をピーンと伸ばして体を少し前に倒して少しお尻を上げます。

3.お尻をゆっくりとおろし、背筋を伸ばしたまま首を上にあげながらゆっくりと起き上がってきます。

4.起き上がったら力を抜きましょう。

 

このような流れで座ることにより、座るための骨の『坐骨』

という骨で座ることができます。

坐骨で座ることができるようになると首の負担が軽くなるだけでなく

腰の負担や、肩や首の負担も軽くなります。

 

座り方

↑↑↑こちらにわかりやすい動画があるのでわかない方は見てください!

 

歩き方

①下半身

前に出した脚ではなく後ろの脚に体重をかけましょう。

後ろの脚はギリギリまで我慢してから体重移動します。このとき、前の踵がつく前に後ろの踵を上げる意識をしましょう。

※後ろの足は蹴る意識をすると足の裏の筋肉やふくらはぎを痛めてしまうので注意です!

 

②腕

前に振るのではなく後ろに引くという意識をしましょう。

※引くときはまっすぐではなく、身体の真ん中の方に引きましょう。

 

③顎(あご)

胸をはらずにリラックスした状態で顎をあげましょう。

※胸をはって顎を引くと息が吸いにくくなり、身体が壊れてしまいます!

 

このような歩き方をすると、体重が後ろに残りやすくなります

体重が後ろに残ると、歩いているときに頭が前に落ちないので

首や肩の負担が減ります。

 

このような歩き方や座り方に変えることにより

首の負担が少ない生活を送ることができます!

 

歩き方

↑↑↑ここに歩き方の動画があるのでこちらもわからない方は見てください!

 

まとめ

頚椎症という症状は誰にでも起きる可能性がある症状です。

ただ、首に負担をかける姿勢を続けないことや悪い姿勢をしないこと

それらのことを意識すると頚椎症の予防をすることができます。

意識をしてもどうしてもなってしまうことはあると思います。

その時は痛みや痺れを我慢せずに

専門の病院や整体院に行くことをお勧めします!

 

 

《和歌山》

MIYAI整体院 岩出院

0736-60-4127

 

本院

《和歌山》

MIYAI整体院

073-473-8106

 

グループ院

《京都》

きずな整体院

075-431-8110

 

《広島》

やさしい整体院

084-983-3878

 

 

この記事を読んだ人は、他にこんな記事も読んでいます

しびれを伴う腰痛の原因と特徴とは?

  • 投稿日:2017年9月30日
  • (最終更新:2018年5月12日)

痛風は意外と危険であることをご存知ですか?

  • 投稿日:2019年1月26日
  • (最終更新:2019年2月9日)

生理不順は日々の生活習慣を見直して改善しましょう

  • 投稿日:2018年11月27日
  • (最終更新:2018年12月8日)

先天性股関節脱臼は整体で改善するの?

  • 投稿日:2018年4月21日
  • (最終更新:2018年5月12日)

新・国民病!?ストレートネックとは

  • 投稿日:2018年9月25日
  • (最終更新:2018年10月8日)

人気記事ランキング

体幹トレーニングシリーズ第2弾「顔・姿勢が変わる!」

  • 投稿日:2017年9月26日
  • (最終更新:2018年5月12日)

橈骨神経麻痺は早めの処置が必要です!

  • 投稿日:2018年12月31日
  • (最終更新:2018年12月31日)

【セルフケア】足の指が痛い強剛母趾とは?

  • 投稿日:2019年1月31日
  • (最終更新:2019年2月12日)

手首が細い理由も 太い理由も原因は内臓だった!!

  • 投稿日:2018年3月31日
  • (最終更新:2020年6月18日)

股関節が痛い!鼠径部症候群(グロインペイン症候群)とは?

  • 投稿日:2018年4月29日
  • (最終更新:2018年5月25日)