坐骨神経痛で悩んでいるあなたの為のストレッチ

  • 投稿日:2017年10月01日
  • (最終更新:2018年5月12日)

※免責事項

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、この記事の内容はあくまで私見です。
万が一内容に誤りがあったとしても、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いかねますのでご了承ください。
体調に異変を感じた場合は、当ブログの情報や自己判断ではなく、医療機関を受診するようにしてください。

坐骨神経痛で悩んでいるあなたの為のストレッチ

\この記事は私が書きました/

皆様は、「坐骨神経痛」をご存知でしょうか?

 

病名と思われがちなのですが、実は症状なんです!

 

身体の中で一番太くて長い神経

「坐骨神経」は腰から足にかけてあり、そこがさまざまな原因で刺激・圧迫されると、電気が走ったような痛みやシビレが起こる症状です。

 

 

多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ・足先かけて

 

・痛み

・シビレ

・張り感

・締めつけ感

 

などの症状があられます。

 

人によっては、麻痺や痛みによる歩行障害が起こることもあり、その日の健康状態や体調によって痛みや場所が変わることもあります。

 

 

坐骨神経痛の原因

では、どうして「坐骨神経痛」という症状が発症するのでしょうか。

原因はたくさんありますが、その中でも特に多い病名をご紹介します。

 

腰椎椎間板ヘルニア

背骨(脊椎)は「椎体」という骨が連なって出来ています。

その間にクッションの働きをしている「椎間板」があって、何かの拍子

(長時間同じ姿勢でいる時・急に重い物を持ち上げた時など)

に押し出されて、脊柱管の中を通っている神経が圧迫されることで、下半身に痛みやシビレが起こります。

 

腰部脊柱管狭窄症

背骨(脊椎)は、身体を支える役割とともに、脳から背骨に伸びている神経(脊髄)を守る働きもしています。

この神経が通っている背骨の隙間を「脊柱管」と言います。

腰部脊柱管狭窄症とは、腰のあたりの脊柱管が狭くなることで、神経が圧迫されて、下半身に痛みやシビレが起こることを言います。

 

 

梨状筋症候群

梨状筋とは、仙骨と太ももの外側の付け根の大転子をつなぐ筋肉です。

姿勢が悪かったり、疲労などで凝り固まっていたり、外傷やスポーツなどで圧迫されると、痛みやシビレが起こります。

 

 

この他にも原因となる病名はありますが

一番多い原因は「腰椎椎間板ヘルニア」で、約90%の坐骨神経痛の原因とされています。

 

腰椎椎間板ヘルニアは年齢が若い方に多くみられます。

肉体労働や、長時間同じ姿勢で仕事をされていると、下半身に痛みやシビレが起こります。

 

 

脊柱管狭窄症は特に50代を超える方に多くみられます。

脊柱管が、老化などが原因で狭くなり、神経根が圧迫されて、下半身に痛みやシビレ、麻痺や痛みによる歩行障害が起こります。

 

 

こんな症状に悩んでいませんか?

腰痛とはまた違う、「坐骨神経痛」の具体的な症状をご紹介します。

・いつもお尻に痛み・シビレがある

・足が激しく痛み、少し歩くと痛すぎて歩けなくなる

・身体を動かすと足の痛みが強くなる

・お尻や足が痛すぎて眠れない

・足だけでなく腰にも痛みがある

・身体をかがめると痛い

・立っていると足が痛くて、立っていられない

・痛みやシビレ以外に冷たい感じ、チリチリ焼けるような痛みがある

・電気が走るような痛みがある

 

 

 ストレッチ

上記の症状が出ている方は坐骨神経痛かもしれません。

それでは「坐骨神経痛」を和らげる簡単なストレッチをご紹介します。

<ストレッチその①>

ステップ1

まず上向きで寝ます。

 

右足を立てて、その膝に左足のアキレス腱をひっかけ、膝を自分の胸に引きつけます。

 

ステップ2

両手を組んで、ステップ1で立てた右足の膝を、自分の胸に近づけるように引きます。

 

ステップ3

息を止めずにリラックスして、胸に引きつけていきます。

吐き切ったら次は左足を立てて同じ様にやって行きます。

 

左右交互に行いましょう。

これをすることによって、腰痛予防にもなります。

お尻の筋肉がほぐれると、骨盤の歪みも解消されやすくなります。

 

 

 

<ストレッチその②>

ステップ1

お尻を壁に近づけて足を組みます。

伸ばした右足は壁に付けます。

 

ステップ2

伸ばした足側を壁伝いに膝を曲げていきましょう。

 

ステップ3

そうすると、左のお尻の部分に伸びを感じるはずです。

時間は30秒くらいです。

 

もし痛みが強い場合はストレッチは控えてください。

このストレッチで梨状筋が和らぎます。

 

 

最初は体が硬くて足が開かなかったりしても

続けていくうちに必ず、筋肉は緩んでいくので出来るようになります。

 

とても簡単なストレッチなので

ぜひ無理をしない程度で筋肉をほぐしてください。

 

 

まとめ

ストレッチをすると良い事

ご紹介したストレッチを行うことで、身体は芯から温まります。

身体が温まると全身の血流が良くなり、酸素や栄養分が全身に運ばれやすくなります。

すると新陳代謝が活発に働いて、身体が本来持っている自然治癒力が高まります。

 

 

日常生活で痛みがあると、どうしてもその部分をかばってしまいますよね。

すると他の筋肉の柔軟性や筋力が低下したり、姿勢が悪くなったりします。

そうなると、また違う場所を痛めてしまう。という悪循環が起こります。

 

ですが上記でご紹介したストレッチを行うと、そういった悪循環が回避できるのと

・骨盤が歪みにくくなる!

・痛みの再発の予防が出来る!

・ウエストが平均3センチ細くなる!

といったさらに嬉しい事も同時にできます。

 

 

普段しない運動をすると、筋肉痛や他に痛みが出る場合があります。

その時は無理をせず、回数を減らしましょう。

回数は少なくても良いので、毎日続けることが大事です。

 

 

 

上記のストレッチやってもなかなか良くならない・・・

しっかり根本的に改善したい!

そんな方は、ぜひMIYAI整体院にお電話ください。

TEL:073-473-8106

 

「坐骨神経痛」でお悩みのあなたに、きっと驚きと笑顔をお届けします。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

MIYAI整体院

 

グループ院

MIYAI整体院 岩出院

0736-60-4127

 

《京都》

きずな整体院

075-431-8110

 

《広島》

やさしい整体院

084-983-3878

この記事を読んだ人は、他にこんな記事も読んでいます

子供が膝に痛みを抱えている場合は危険信号!!膝関節に起こる離断性骨軟骨炎とは?

  • 投稿日:2018年5月30日
  • (最終更新:2018年7月18日)

膝の水を抜くのは根本改善ではない!?水がたまったときの対処法とは?

  • 投稿日:2017年12月23日
  • (最終更新:2018年5月12日)

【自分で出来るテーピング】ばね指・腱鞘炎を自分で改善させる!

  • 投稿日:2018年7月30日
  • (最終更新:2018年8月8日)

高齢者に多い!大腿骨頸部骨折とは?

  • 投稿日:2018年4月30日
  • (最終更新:2018年12月27日)

坐骨神経痛?梨状筋症候群?

  • 投稿日:2018年7月30日
  • (最終更新:2018年8月17日)

人気記事ランキング

体幹トレーニングシリーズ第2弾「顔・姿勢が変わる!」

  • 投稿日:2017年9月26日
  • (最終更新:2018年5月12日)

橈骨神経麻痺は早めの処置が必要です!

  • 投稿日:2018年12月31日
  • (最終更新:2018年12月31日)

【セルフケア】足の指が痛い強剛母趾とは?

  • 投稿日:2019年1月31日
  • (最終更新:2019年2月12日)

手首が細い理由も 太い理由も原因は内臓だった!!

  • 投稿日:2018年3月31日
  • (最終更新:2020年6月18日)

股関節が痛い!鼠径部症候群(グロインペイン症候群)とは?

  • 投稿日:2018年4月29日
  • (最終更新:2018年5月25日)