女性が腰痛になりやすいワケ

  • 投稿日:2017年10月01日
  • (最終更新:2018年6月19日)

※免責事項

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、この記事の内容はあくまで私見です。
万が一内容に誤りがあったとしても、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いかねますのでご了承ください。
体調に異変を感じた場合は、当ブログの情報や自己判断ではなく、医療機関を受診するようにしてください。

女性が腰痛になりやすいワケ

\この記事は私が書きました/

「腰痛」は当院に通われている方の中で最も多い症状です。

その中でも、8割以上が女性なのです。

 

実は、男性よりも女性のほうが

腰痛になりやすいと言われているのはご存知ですか?

 

あなたも腰の痛みを感じていませんか?

 

この記事では、原因と予防法について詳しく説明していますので、

特に女性の方は最後まで目を通してみてください。

 

女性が腰痛になりやすい原因5つ

では、男性に比べてどうして女性の方が腰痛になりやすいのでしょうか。

原因をみていきましょう。

  • 筋力不足
  • 冷え
  • 自律神経の乱れ
  • 女性ホルモン
  • 骨盤の歪み

主に上記の5つが挙げられます。

それぞれ、説明しますね。

 

筋力不足

女性は男性に比べて柔らかい身体をしていますよね。

例えるなら、女性の脂肪が「つきたてのお餅」で、男性の脂肪は「鏡餅」です!

 

 

さらに全身の筋肉の量も少ないので、腰にかかる負担は男性より多くあるのです。

 

 

筋肉の量が少ないと・・・?

血の巡りが悪くなることがあるんです!

 

 

地球には重力があるので、液体である血液は下には流れます。

足まで流れた血液が心臓に戻るには、「第2の心臓」と呼ばれている「ふくらはぎ」が

とても頑張ってくれているのはご存知でしたか?

 

 

女性は筋肉が付きにくい分、どうしても血液が心臓へ戻る力が弱いんです。

 

そして身体は、活動にとって重要な内臓系の機能に血液を優先的に送ります。

そうすると足先や手先など、心臓から遠いところは後回しにされるので、血の巡りが悪くなりやすくなります。

 

 

 

血の巡りが悪くなると・・・?

 

冷え性

身体は冷えやすくなります。

なぜなら熱は血液によって運ばれているからです。

 

そして血の巡り、血液の流れが悪いと、酸素や栄養も運ばれにくくなったり、疲労物質や老廃物がたまりやすくなります。

 

悪いものが身体にたまっている状態だと、筋肉や内臓が疲れやすくなり、痛みが悪化しやすくなったり、治りも遅くなってしまいます。

 

 

 

身体が冷えると・・・?

 

自律神経の乱れ

自律神経は、心臓の働きから、血管、呼吸の働きなど、あなたが意識して動かせない全てに関わっていると思ってください。

 

 

自律神経には2種類あるのはご存知ですか?

 

・交感神経➡運動・興奮・緊張など身体を動かす時に働く神経

・副交感神経➡休む・眠る・リラックスなど身体を回復する時に働く神経

 

この2つは面白いことに、公園にあるシーソーのような関係なんです。

どちらかが働くと、どちらかは働けないようになっています。

 

 

身体が常に冷えていると、常に交感神経が働いている緊張モードになっています。

疲れやストレスも、交感神経がはたらく原因にあります。

 

2つはシーソーなので、常に交感神経が働いていると、身体が回復するための副交感神経は働けない状態ですよね。

 

すると身体は回復出来ず、疲れが取れない・眠れない・病気が改善されづらいなどの症状が出てきてしまうんです。

こうなると免疫力も低下し、腰痛や身体のあちこちに不調が出やすくなってしまいます。

 

 

自律神経が乱れる原因は、身体の冷えや日々の疲れ・ストレスからくる、「交感神経の異常な働き」によって、「交感神経と副交感神経のバランスが悪くなっていること」なんです。

 

 

 

女性の場合・・・?

 

女性ホルモン

自律神経は女性ホルモンも調整しています。

 

女性バランスが崩れると、月経に異常がおこる状態を「月経不順」といいます。

ホルモンが安定しない時期、思春期や更年期などに起こりやすい症状です。

その時期以外でも、日々の疲れやストレス・妊娠、出産時などがホルモンに影響して起こることもあります。

 

 

ホルモンの影響を受けやすい卵巣や子宮は、機能の低下や、女性特有の病気を発症、不妊症の原因になることが分かっています。

 

そして月経不順によって腰痛を生じることもあるんです。

血液の流れが悪いと、子宮が冷えたり収縮したり、新陳代謝が悪くなっている状態です。

身体のエネルギーを子宮や卵巣に使えるようにするためには、身体を回復するのに重要な、副交感神経を働かせることが大切なのです。

 

 

 

副交感神経を働かせるには・・・?

 

  • リラックスをする

 

これにはたくさん方法があるのでご紹介します。

・腹式呼吸

・身体にあった寝具で質の良い睡眠

・ぬるめのお風呂でゆっくり半身浴

・無理のない軽い有酸素運動

・落ち着く時間を過ごす

・動物や植物、自然と触れ合う

・笑う、泣くなど我慢しない

・よく噛んで食べることを楽しむ

・カラオケなど、大きな声を出す

 

いかがでしょうか?

日々頑張っている中、時間を作るのが難しいかもしれませんが

自分にあったリラックス方法を試してみてくださいね。

ただし、趣味の激しいスポーツなどは、交感神経が働くので注意しましょう。

 

 

骨盤の歪み

 

私の経験上、「骨盤の歪み」が原因で、腰痛に悩んでいる方は老若男女本当に多いです。

ですが女性の場合、男性にはない原因がたくさんあるんです・・・!

 

 

男性に比べて、女性の筋力はどうしても弱いので、腰に対する負担が大きいのです。

・日常生活での姿勢で骨盤がゆがむ

・妊娠中の内臓圧迫、体重増加によって腰に負担がかかる

・出産で骨盤が開く、ゆがむ

・小さな子どもを抱き上げることが多い

・ヒールの高い靴をはく

・家事の姿勢で腰に負担がかかる

 

個人差はありますが、

このように男性にはあまりない、腰に負担がかかる状況が多いのです。

 

腰痛予防

さて、それでは普段運動をあまりしないという方のために

自宅や仕事場で簡単にできる運動を紹介します!

 

《足上げ運動》

  • 足を交互に股関節を90度以上曲げて上げる
  • 足を下すときはゆっくり下ろしましょう(膝や足の裏を痛めやすくなるので注意してください)
  • 頭と腕を出来るだけ動かさない
  • 背筋を伸ばして、前を見る(できれば鏡を見ながら自分の足がしっかり上がっているか確認しましょう)
  • 回数は両足で200回を目指しましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 最初の1週間目は、両足で50~100回でも構いません
  • 2週間目以降からできる範囲で回数を増やす
  • 1か月目には200回できるを目標に頑張りましょう

※回数は1日のトータルの回数で構いません。朝昼夜分けてもOKです。

※痛みが出る場合は回数を減らしてください。

※回数が少なくても良いので毎日やることが大切です。

 

 

(足上げ運動の効果)

  • インナーマッスルが強くなるので、ゆがみにくい身体になります
  • 体がゆがみにくくなると痛みの再発を予防できます
  • 骨盤周りの筋肉が締まるので、ウエストが平均3㎝細くなります

 

 

まずはこの運動を毎日試してみてください。

骨盤という体の土台が安定してくると全身のバランスも整いやすくなるのでお勧めします。

 

まとめ

仕方がない・・・と諦めてそのまま過ごしてしまわずに

普段から

・どちらかに体重をかけない

・こまめに運動をして筋力をつける

など、腰に無理のない姿勢や身体づくりを心掛けることが大切ですね。

足を組む方も男女問わず多いですが、これも骨盤を歪ませる大きな原因です!

ご注意くださいね。

 

そして体を支えてくれている骨が歪んでしまうと、内臓も歪んでしまいます。

女性には子宮や卵巣があるので、歪んでしまうと

生理痛や排卵痛、そして腰痛がひどくなったりします。

 

 

 

「腰痛が続いている」ということは、「身体に何かが起こっている!」

という異常を知らせてくれるサインです。

 

血液の流れが悪いと、内臓が疲れたり、筋肉が硬くなったり、収縮したりしてしまいます。

交感神経が働きすぎなど、身体のサインに気づいてあげて、副交感神経を働かせることが大切です。

 

その為には、身体を温めることはもちろん、しっかり休む・リラックスすることですね。

これは女性だけではではなく、男性にも必要なことです!

 

 

基本的にはお腹と足ですが、「身体を冷やさないこと」が大切です!

実は冷え性の方は、自分で熱を作れない状態になっていることが多いんです。

なので

 

・お風呂にゆっくり浸かる

・バランスのとれた食事をする

・規則正しい睡眠を取る

・こまめに運動・身体を動かす

・きつい靴・下着はつけない

 

これが身体を冷やさないためのルールになります。

 

 

 

冷えで血液の巡りが悪くなっていると代謝も悪いので、いくら身体に良いものをとっても成分が行き渡りにくく、効果を十分に発揮できないこともあります。

身体を外からはもちろん、中からも温めることは、本当に本当に大切なことなんです。

 

 

身体が冷えると、さらにむくみの原因にもなるので、女性にはどこまでも大敵ですね・・・!

 

上の項目に気をつけてみて、それでも辛い場合はぜひ

MIYAI整体院のHPも覗いてみてください。

 

MIYAI整体院

073-473-8106

 

きっとあなたに驚きと笑顔をお届けします。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

 

グループ院

MIYAI整体院 岩出院

0736-60-4127

 

《京都》

きずな整体院

075-431-8110

 

《広島》

やさしい整体院

084-983-3878

 

この記事を読んだ人は、他にこんな記事も読んでいます

しびれを伴う腰痛の原因と特徴とは?

  • 投稿日:2017年9月30日
  • (最終更新:2018年5月12日)

股関節の痛み、その原因とは?

  • 投稿日:2018年1月28日
  • (最終更新:2018年5月12日)

足がしびれる!? 腓骨神経麻痺とは?

  • 投稿日:2019年1月24日
  • (最終更新:2019年2月12日)

半月板損傷の意外な原因とは?

  • 投稿日:2018年6月01日
  • (最終更新:2018年6月19日)

若者に増えている逆流性食道炎の正体とは?

  • 投稿日:2018年8月29日
  • (最終更新:2018年9月13日)

人気記事ランキング

体幹トレーニングシリーズ第2弾「顔・姿勢が変わる!」

  • 投稿日:2017年9月26日
  • (最終更新:2018年5月12日)

橈骨神経麻痺は早めの処置が必要です!

  • 投稿日:2018年12月31日
  • (最終更新:2018年12月31日)

【セルフケア】足の指が痛い強剛母趾とは?

  • 投稿日:2019年1月31日
  • (最終更新:2019年2月12日)

手首が細い理由も 太い理由も原因は内臓だった!!

  • 投稿日:2018年3月31日
  • (最終更新:2020年6月18日)

股関節が痛い!鼠径部症候群(グロインペイン症候群)とは?

  • 投稿日:2018年4月29日
  • (最終更新:2018年5月25日)