肩こりも解消できて 綺麗にもなれる! その方法とは!?

  • 投稿日:2017年10月31日
  • (最終更新:2018年6月11日)

※免責事項

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、この記事の内容はあくまで私見です。
万が一内容に誤りがあったとしても、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いかねますのでご了承ください。
体調に異変を感じた場合は、当ブログの情報や自己判断ではなく、医療機関を受診するようにしてください。

肩こりも解消できて 綺麗にもなれる!  その方法とは!?

\この記事は私が書きました/

 

肩こりに悩まれている方って、とても多いですよね!?

 

 

体には大きいものから小さいものまで、たくさんの筋肉がついています。

そんな中、首や肩の筋肉は、座っているだけでも、体や頭を支えるために常に働いています。

 

この記事では、肩こりに悩んでいるあなたに、

肩こりの原因解決法をお伝えします!

 

記事の後半では、「肩こりも解消できて、奇麗にもなれる 簡単ストレッチ」

紹介していますので、ぜひお試しく試しくださいね^^

 

マッサージのメリット・デメリット

強く押したり揉んだりすると、気持ち良い・・・

 

マッサージに行くと、こっているところや痛いところをほぐしてくれて、とても気持ち良いですよね。

ところがそれは、筋繊維が壊れてしまったり、筋肉が緊張して硬くなり

血液の流れが悪くなるので、逆に悪化させる原因になります

 

マッサージはその場しのぎになってしまい根本的な解決にはならないのです。

肩こりとは筋肉の緊張です

筋肉が緊張し血流が滞ると、こりや痛みが出ます。

その状態で強く揉むと、筋繊維を壊してしまう可能性があり、よけいにこりや痛みが出てしまいます。

 

 

まず筋肉がどうして緊張してしまうのか。

その原因を見ていきましょう。

 

肩こりの原因

信じられないかもしれませんが

肩こりが起こる原因は、肩や首だけではないのです。

 

血行不良

体が冷えることで、血管が細くなり、肩や首の血流が悪くなります。

すると十分に酸素が回りにくくなり、筋肉が硬くなります。

そこに疲労物質がたまり、コリや痛みが出ることがあります。

悪い姿勢

頭は体の中でもいちばん重たい部分です。

普段のなにげない立ち方・座り方・歩き方は、姿勢や体が歪む大きな原因の1つです。

 

最近ではパソコンやスマートフォンを日常的に使う方が多いですよね。

下を向いたり、猫背気味だと頭を支えるために

首や肩筋肉にとても負担がかかってしまうのです。

 

 

そしてパソコンやスマートフォンの、画面の見過ぎによる眼精疲労からくるものもあります。

 

 

ストレス

がまん強い方、プレッシャーがかかる時などは

筋肉が常に緊張している状態なので、肩こりになりやすいのです。

 

 

またストレスを抱えている方は、呼吸が浅くなる傾向があり

体にじゅうぶん酸素がゆき渡りづらく

血行不良→筋肉が硬くなる→こり、痛みが出る

というサイクルで肩こりに繋がります。

 

寝る前に、目をつぶってゆっくり呼吸を繰り返してみてください。

落ち着きますよ^^

 

 

肩こりによるさまざまな症状

 

実は、肩こりというものは軽視できるものではありません。

肩こりになると、日常生活にもさまざまな支障が出る可能性があるのです。

 

・頭痛

・自律神経の乱れ

・首肩、腕のシビレ

・めまい、耳鳴り

・吐き気

・集中力がにぶる

・不眠

・イライラ・不安の原因

 

このような症状はありませんか?

ひどくなってしまう前に、できるだけ早い段階で対処したいですよね。

女性の場合こんなことも

肩こりで、肩甲骨まわりがかたくなると女性の場合こんなことも

・バストが下がる

・二の腕が垂れる

・下腹部ぽっこり

・お尻垂れる

 

肩甲骨が固まり、猫背になると、顎も下がってしまう方が多いです。

すると、人間の体は皮1枚で繋がっているので、顔のたるみの原因になってしまうこともあります。

 

 

正常な肩甲骨だと

・バストが上がる

・二の腕がすっきり

・下腹部がすっきり

・お尻が上がる

 

肩甲骨の動きが良くなると良い事だらけですね!

 

肩こりも解消できて、綺麗にもなれる!

その方法とは一体・・・?

 

 

 

簡単に出来るストレッチ

ではさっそく

空き時間できるストレッチを、いくつかご紹介いたします!

簡単なのでしっかり行ってみてくださいね^^

 

肩甲骨のストレッチ

肩甲骨のまわりが固くなると、胸の筋肉もスムーズに動けない状態がつづくために、呼吸が浅くなります。

そうすると、体内に取り込まれる酸素が少なくなる・血流の流れが悪くなるという悪循環が起こります。

 

 

ステップ1

・まず両肘を胸の前でくっつける

 

・それをできるだけ離さないで、顔の前を通り、耳の横まで上げる

・耳の横まできたら、手のひらを外側へ開きます。

 

ステップ2

・胸を張るようにして、腕をななめ後ろに引く

※肩甲骨の内側を縮めるように意識してください

 

ステップ3

・胸を張ることができれば、ステップ1に戻す

 

 

この一連の流れを、1日に10回を3セット行ってください。

痛みが出る場合は、回数を減らしてくださいね。

毎日行うことで、最初は硬くて動きづらい肩回りが緩み、動かしやすくなります。

 

 

褐色脂肪細胞ってご存知ですか?

体温を上げる働きをしてくれる細胞なのですが、

首の後ろ・肩甲骨の間・脇の下などに集中して存在しています。

 

肩甲骨のストレッチをすることによって

刺激され代謝が上がるので、ダイエットに効果的と言われています。

 

 

 

足上げ運動

骨盤を支えてくれる大腰筋を鍛えるストレッチです。

なぜ、肩こりなのに骨盤・・・?

とお思いでしょうか?

骨盤が歪んでしまうことで

上半身も歪んで筋肉に負担がかかり、痛みやこりが出る場合があるからです。

 

ステップ1

・左右交互に、股関節を90度以上あげる

※この時、頭や腕は出来るだけ動かさないでください。

背筋も伸ばして、斜め前を見るように意識しましょう。

 

目標回数は1日に200回です。

ただいきなりはキツイので、1日に50回くらいから、できる範囲から行ってください。

1日のトータル回数なので、朝・昼・夜と分けても大丈夫です。

ここでも痛みが出る場合は無理をしないでくださいね。

 

※注意点

パタンっと勢いよく下ろすと、足の裏や膝などを痛めてしまう場合があります。

足はゆっくり下ろしてください。

 

骨盤まわりの筋肉が締まるので、ウエストが平均3センチ細くなります。

 

この運動は場所を選ばずできるのでお勧めですよ!

 

 

 

猫背のポーズ

肩から背中の筋肉を緩めるストレッチです。

朝起きると肩や背中が固まる・・・という方にお勧めです。

朝起きた時や寝る前にさっとするとすっきりして気持ち良いので、ぜひ毎日どうぞ。

 

ステップ1

・四つんばいになる

 

・胸を沈めて、おしりを斜め後ろの天井に突き出す

※腕は真っすぐ伸ばして、お尻は無理しない程度に高い位置まで上げてください。

これは猫の伸びのようなイメージで行ってみてください。

 

ステップ2

力を抜いてリラックスしましょう。

息が止まらないように、20~30秒保ちます。

 

ステップ3

ゆっくり四つん這いに戻りましょう。

一連の流れを、2~4回行ってください。

 

※注意点

・手首を痛めている場合、体重が乗ると負担がかかるので控える

・腰を伸ばすのは良いですが、反らせすぎは痛める原因

 

 

どのストレッチも痛みが出る場合は控えて、自分のペースで行ってください。

「無理はしないで、毎日する」

これがストレッチをするうえでの、肩こり解消の秘訣ですね。

 

 

 

 

 

 

まとめ

筋肉が働くには酸素と栄養が必要で、それらは血液によって運ばれています。

ですが筋肉が固くなると、血液やリンパの流れが悪くなるので

筋肉は酸欠状態になり、老廃物がたまりやすくなります。

 

そうなってしまうと、こりや痛みが出やすくなってしまいます。

 

肩こりを解消するには、ご紹介したストレッチをして頂くことと

 

「水分をとる」

 

が必要不可欠です!

水分といっても、カフェインの入っていないお茶や水のことを言います。

(※緑茶やほうじ茶にはカフェインが入っています!麦茶や黒豆茶をおすすめします。)

 

水分を取ることによって、筋肉は柔らかくなるので

血液やリンパの流れは良くなり、老廃物がたまりにくくなります。

 

 

・1日に1.5リットル~2リットル飲む

・回数は少なくても、毎日ストレッチをする

これが肩こり解消の近道です。

 

仕事や家事、勉強の合間を使って

自分の体のためにぜひ、やってみてくださいね。

 

それでもなかなか改善しない場合は、お気軽にご相談ください。

 

MIYAI整体院

073-473-8106

 

グループ院

MIYAI整体院 岩出院

0736-60-4127

 

《京都》

きずな整体院

075-431-8110

 

《広島》

やさしい整体院

084-983-3878

この記事を読んだ人は、他にこんな記事も読んでいます

股関節をやわらかくしよう!

  • 投稿日:2018年1月31日
  • (最終更新:2018年7月27日)

発育性股関節形成不全の正しい知識を知ってね

  • 投稿日:2018年4月30日
  • (最終更新:2018年5月12日)

頚椎症って何?

  • 投稿日:2018年10月31日
  • (最終更新:2018年11月10日)

100メートル歩くと休憩しないと歩けない!?脊柱管狭窄症の症状とは?

  • 投稿日:2018年7月27日
  • (最終更新:2018年8月27日)

腰痛は温めるの?冷やすの?

  • 投稿日:2017年10月04日
  • (最終更新:2018年5月20日)

人気記事ランキング

体幹トレーニングシリーズ第2弾「顔・姿勢が変わる!」

  • 投稿日:2017年9月26日
  • (最終更新:2018年5月12日)

橈骨神経麻痺は早めの処置が必要です!

  • 投稿日:2018年12月31日
  • (最終更新:2018年12月31日)

【セルフケア】足の指が痛い強剛母趾とは?

  • 投稿日:2019年1月31日
  • (最終更新:2019年2月12日)

手首が細い理由も 太い理由も原因は内臓だった!!

  • 投稿日:2018年3月31日
  • (最終更新:2020年6月18日)

股関節が痛い!鼠径部症候群(グロインペイン症候群)とは?

  • 投稿日:2018年4月29日
  • (最終更新:2018年5月25日)